Tag Archives: 算数

正三角形は二等辺三角形か。正方形は長方形か。

算数の平面図形の勉強をしている時、気になったことがあったのでメモ。   まず、次のような問題がある。 -+-+-+-+-+-+ 【問題】 次の四角形で、一本の対角線をひいいたとき、2つの二等辺三角形ができるものはどれか [正方形、長方形、ひし形、平行四辺形、台形、ふつうの四角形] -+-+-+-+-+-+ 正解は、正方形とひし形である。 で、子供も… 続きを読む »

テスト勉強の成果はあったみたい。

先日学校であったテスト。算数・理科・社会の結果が返ってきた。国語はまだ。   今までまともにやっていなかったテスト勉強をして臨んだのだから、結果がどうであれ褒めてやるつもりだったが、結果も良好だった。 テスト自体は結構手の込んでいるもので、問題数も多く、算数などはクラス全員時間切れだったそうで、子供も点数としては算数が一番悪かったが、内容を見ると悪… 続きを読む »

計算の工夫。生活感のある例えで。

例えば、 78  × 99  を工夫して計算しなさい。 という問題。   教科書を見ると5年生で教わるらしいが、身についていない様子。 おそらくだが、習ったときには簡単にわかったのだろうが、何ら印象に残っていないようでもある。   さて、問題集の解説には以下のように書いてある。 78 × 99 = 78 × (100-1) = 78 × … 続きを読む »

小学生に教える最小公倍数の求め方。

  最小公倍数は小学5年生で学ぶ内容。 ただ、5年生で学ぶ場合、公倍数の求め方は、それぞれの倍数を書き出して共通する部分を探すやり方だ。 例えば、   4 の倍数 4 8 12 16 20 24  28 32 36 6 の倍数  6  12  18   24   30  36 9 の倍数    9    18     27        … 続きを読む »

分数の計算の応用問題その2(分子をそろえる問題)

  前の記事で書いた分母を揃える問題は比較的理解しやすいが、分子を揃えるタイプの問題は、子供にとってはややこしいようだ。 考え方はわからなくはないようだが、実際こなしていくと、頭がこんがらがってくる模様。 問題集の答えの解説はそっけなさすぎてよくわからなかったようで、下記のように説明してやったらやっとわかった。 ——&#82… 続きを読む »

小数の計算の応用問題。

  基本的な計算はミスが課題だが、できないわけではない。そこは、毎回一定時間計算ドリルをやることで克服できるだろう。 ただ、応用問題にあるとすぐにできないものも多い。まあ、応用問題的なものは今までほとんどやってないもんね。学校の宿題やチャレンジの問題は簡単すぎるんだろうな。   例えば次の問題。 ———… 続きを読む »

たし算・引き算のひっ算でミスしないために。

  ケタの多いたし算や引き算のひっ算は、かけ算・わり算のひっ算でも使う。 もちろん、たし算や引き算のひっ算は普通にできるのだが、時々ミスをする。だいたい、50問に4問ぐらいの割合。 まとまった計算練習をする機会がなかったせいか、常に同じような割合でミスが出る。 ただ「うっかりしてたな、気をつけろよ。」というのは簡単だが、それでミスが減るとも思われな… 続きを読む »

最小公倍数の応用問題。

  最小公倍数のちょっとした応用問題。やらせてみたがすぐにはわからなかった。どうも、少しひねってあるだけで思考停止してしまう模様。自分で考えて色々やってみる、ということ自体が身についていない。まあ、仕方ない。簡単な宿題をこなしてきただけだから。学校のテストも考えさせるような問題はほとんど出ないようだ。 さて、その問題がこちら。 —&#8… 続きを読む »